太編みラフィア・セーラー

1839-1928
1839-1928 1839-1928 1839-1928

太編みラフィア・セーラー

(1839-1928)

1cmに1目という、太~~~~い編み。

近年、細かさがやたらめったら珍重される傾向にありますが、それは販売する側の都合と思います。

確かに、細かい編地は綺麗に見えます。

しかし、「細かいから=良いもの」と言う考え方は、些か”使用される方々”の思考が置き去りにされている感を覚えてなりません。

つまり、ザックリと編まれた天然素材の方が、夏のリゾート感を強く演出する場合もあったり、涼しかったり。

そもそも好みの問題だと思うのです。

これは、食に関する「美味しい」「美味しくない」とも類似しており、個人的主観を押し付けるべきでは無いと私は考えます。

お客様方に「どれが一番細かい編みか?」を問うよりも、とてもわかり易い”商品特性”の打ち出しを当社は行って参ります。

このラフィア、太い編みですが、とてもカジュアル感溢れ、これからの季節に活躍する一品です!(笑)

ありがとうございます。

 

▶頭囲:57.5cm サイズ調整可能(帽子内側紐による)

▶ブリム幅:約11cm-ALL

▶素材:植物繊維(ラフィア)100%

NATURAL
在庫状態 : 在庫有り
¥4,500
数量
BROWN
在庫状態 : 在庫有り
¥4,500
数量
PINK
在庫状態 : 在庫有り
¥4,500
数量